院長コラム

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.04.21更新

実際に臨床上では適合の違いが長期的にどのような結果をもたらすのかを以下の実例でご紹介いたします。

 

しみる…とのことで来院されたので調べると探針がひっかかるのでそのまま押し込んで力をかけてみると、銀歯はポロリと取れてしまいましたgan

 

適合

 

銀歯の下は象牙質がやわらかい状態になってしまっており、いわゆる虫歯がそこから進行していたのがわかります.

この歯はこの後、残念ながら神経をとられて、全部かぶせられることになってしまいました.

 

適合2

 

いくら患者さんご自身が毎回丁寧に歯ブラシをされていても前回コラム 保険治療と保険外(自費)治療の本当の違いについて 2 に書いてあるように元々の材質の歯への適合が悪ければ上記の事態は防ぎようもありませんねen

 

ですので、その時は高い支払いであってもその後の歯へのダメージを考えるとセラミックやプラチナゴールド等の歯への適合がちゃんとしている素材を選ぶのが賢明かもしれませんni

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: アクアデンタルクリニック