院長コラム

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.09.11更新

健康保険レベルの治療は、 例えると車の運転ですと教習所レベルで、教育の世界でいうと義務教育レベルだからこそ知っておいて頂きたいかぶせ物の素材と実態についてです。
 

むし歯が大きくなってしまった場合には、そこの部分を削り取った後にかぶせ物をして歯の形を補うようにして治療をします。

 

健康保険の治療では前歯のかぶせ物には硬質レジン前装冠というかぶせ物が使われます。これは金銀パラジウム合金という金属をベースにして、硬質レジンというプラスチック樹脂を貼り付けて表面を歯のように白く見せて補います。金属をベースにしているために下地素材の強度はありますが、表面のプラスチックが経年変化で黄ばんできたりこすれて剥がれてきたり、色のついた食べ物や飲み物により着色しやすくなるといった欠点があります

 

これに対してセラミックを素材とした自費治療であればそういったことは起きません耐久性があり経年変化に強く最大の利点として長期的に安定した状態を保ちやすいですまた審美的にも歯独特の透明感が出せるために自然になります

 

 

セラミック

 

この写真では上の前歯2本はジルコニア(強化オールセラミック)を入れてありますが、予算の都合で上の両脇2本はレジン前装冠というプラスチックを貼り付けてある健康保険で出来る歯が入れられた1年経過後の写真です。

 

自分の本当の歯である下の前歯との色の違いがお分かり頂けるでしょうか?

 

上の両側の側切歯の方は黄ばんできています。入れた当初はそれほどの違いが目立たなかったのです。ダメになってしまったわけではないのですが、経年変化で見栄えが悪くなっているのがお分かり頂けるでしょうか?

 

① かぶせ物の経年劣化が少なく、長期的な安定性が健康保険の素材より優れている。


② 金属イオンによる酸化がないために、歯茎の境目が黒くならないで審美的である。


③ もし将来やり替えが必要になった場合に酸化して黒くなってしまった部分を削り取る必要がないため、歯としての寿命を縮めることがない。    

  

以上が前歯のかぶせ物で自費治療の素材をお勧めする3つの大きな理由です。

 

 

この写真でわかるように健康保険の治療ではかぶせ物の下地に酸化したときに黒くなってしまう銀合金の金属が使われるので、経年変化で歯茎の境目に銀イオンが黒く溶けだしてきて、審美的とは言えない状態になってしまうのです。

 

それに対して自費でかぶせるジルコニア(強化オールセラミック)冠の場合には金属を一切使わないためにかぶせた後の経年変化に対しても歯茎が黒ずんでくるといった心配はありません。そのために長期的に審美的な状態が維持出来ます

 

確かに金額はかかりますが、やり替えが少ない方がその度に削りこまれる自分の歯の本体の部分が少なくならずに結果的には大切な歯の寿命を延ばすことになります。またやり変えが必要になった際に何回も通う通院時間に奪われる大切な時間まで考えると結果的には安く済むと言えるのではないでしょうか?

投稿者: アクアデンタルクリニック