院長コラム

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.10.23更新

前回と前々回の院長コラム「虫歯で治す際のかぶせ物の素材の違い」「こんな歯科治療を受けるのはもう止めませんか?」の中で、銀歯についてお話ししました。そして【歯科医師は銀歯を絶対に自分の身内には使わない!】と言いましたが、その理由について整理してお話致します。

 

銀歯

健康保険で入れた銀歯のキワの部分にプラークが溜まってしまった状態

 

 

① 口臭の原因になりやすい

 

 金属イオンの影響でプラークが溜まりやすくなるためにかぶせ物のキワの部分に絶えず汚れが停滞しやすい環境が出来てしまっています。

 また、同じく金属イオンの影響で歯周病の原因菌であるグラム陰性菌優位な環境が出来てしまい、その恰好の住み家となって しまい、歯周病や口臭の大きな原因となるわけです。

 しかもその部分は皆さんが歯磨きする際に一番苦手としている歯と歯茎のキワの部分であることから、更にたちが悪いということになります。namida

 

 

二次う蝕

プラークの下は二次う蝕(虫歯)

 

 

 

② コヒーラ現象で酸化腐食し二次う蝕(虫歯)となる

 

 プラークが停滞すると、そこにはコヒーラ現象で酸化腐食が進み、二う蝕(虫歯)が発生します。

 

 結果的に銀歯をいずれやりかえをしなくてはならない必要が生じて、その際には以前よりもダメになった所が出来ているために、自分の歯を更に削り取られることになります。これの繰り返しが結局歯の寿命を縮めることになるので、出来れば最初から銀歯を使いたくないわけです。

 

酸化黒変してしまった部分は、人体に有害で、金属アレルギーの原因にもなることが知られています。

 

そもそも表面がつるつるで、プラークを寄せつけず、いつまでも清潔で、歯と同じ白くてしかも耐久性のあろ、ジルコニアやセラミックなどのメタルフリー素材で治すのが一番良い理由はそこにあります。笑う

 

 

 

二次う蝕2

銀歯のキワに沿って黒変 二次う蝕(虫歯)

 

 

二次う蝕3

 

何度も言いますが、

歯科最先進国であるドイツ・スイス・オーストリアや歯科先進国であるアメリカやフランスでは、患者さんのお口の中に銀歯や針金の入れ歯を入れることはしませんし、歯科大学でそのような教育をしていません。

 

ドイツでは患者さんのお口の中に無断で銀歯を入れた歯科医師は禁固刑になるくらいです。

 

 

 

 

 

 

投稿者: アクアデンタルクリニック