院長コラム

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.10.29更新

ここ数回の院長コラムで「銀歯の弊害」について書いたところ、予想以上に反響がありました。

 

「自分の口の中の銀歯を全て取ってほしい」「知らない間に銀歯の中が虫歯だらけになっているなんて知らなかった」…等、皆さん相当驚かれていました。

 

同時に「では、ジルコニアって一体何が良いの?」という質問も多く受けましたので、ここにまとめてみます。

 

ジルコニア

様々なパターンに適応できるジルコニア

 

 

抜群な生体親和性

 

① 金属のように酸化腐食して黒変せず長期的に安定し、アレルギーの心配がない上に口臭の原因とならない

 

② 表面にプラークがつきにくいので他の素材より清潔に保ちやすい

 

③ 歯と同じ色でプラスチックのように黄ばんだり着色しないので永遠に審美的

 

④ 鋳込んで作る金属のかぶせ物より適合精度が優れている

 

⑤ 耐久性がセラミックの15倍の強度なので破折や摩耗がしにくい

 

 

メタルフリーで金属酸化がない

 

そもそもベースに金属を使っていないので、経年劣化でプラークが付きにくく、金属イオンが溶け出して黒変することもありません。

 

金属をベースにセラミックやプラスチックを貼り付けて白く見せても、経年劣化で結局はキワから黒変が始まり、見苦しいものとなってきます。そのために長期安定性の点から見ても、確実に不利であり、いずれやり変えが必要となります。

 

比較

 

上の写真の上顎の真ん中の前歯2本は強化型オールセラミック冠()で、その両脇3本は予算の関係で健康保険のレジン前装冠(金属にプラスチックを貼り付けたもの )を装着してから1年経過後のものです。

 

両脇のレジン前装冠のかぶせ物は素材の劣化で黄ばんできているのと、かぶせ物のキワの部分が金属イオンの影響で黒ずんで見えてきているのが一目瞭然で、審美的とは言えない状態になってしまっています。

 

このように、健康保険のレジン前装冠という金属にプラスチックを貼り付けてあるかぶせ物や、セラミックであっても古い時代のメタルボンド冠という金属焼き付け冠などでは金属イオンの影響でこのブラックマージンという現象が長期的には出てしまう事がよくあります。

 

臼歯部

 

ジルコニアをお勧めします。製法と色付けの手間の違いで大きく分けて2タイプあります。

 

 

前歯部

 

透明感を必要とするのでジルコニアにセラミックをプレスしたコンビネーションタイプか、強化されたオールセラミック(e-max)をお勧めします。現状の歯の色や神経のある歯かそうでないかによって、どれにすれば良いか違ってきます。

 

 

なお、

当医院のジルコニアは全て国家資格を有する日本人の歯科技工士が日本国内で、患者さんひとり一人の顎の動き等を分析して、責任を持って製作していますのでご安心下さい。 

従って、当医院では価格が異常に安い「格安ジルコニア」や、その日のうちに入る「日帰りジルコニア」は扱っていませんのでご了承下さい。

投稿者: アクアデンタルクリニック