院長コラム

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.12.19更新

今回の院長コラムは、実は皆さんから断トツにリクエストが多い「歯ブラシ」について書いてみます。tooth

 

「歯ブラシの話なんていまさら」「かかりつけの歯医者さんで十分に教わっているよ」という声もあるでしょうが、皆さん知っているようで意外と知らない「歯ブラシ」の極意について書きますのでしばしお付き合い下さい。toothtooth

 

 

「上手に磨けていませんね shun

 

皆さん、歯医者さんで先生や歯科衛生士さんからこんな一言を言われた事があるのではないでしょうか?un

 

「1日3回ちゃんと磨いているんだけど…」「デンタルフロスと歯間ブラシも欠かさず併用しているのに…」「高い電動歯ブラシを使っているのですが…」とか、皆さんそれなりに磨いているという自負があるにもかかわらず、

 

「上手に磨けていませんね shun

 

と、自分の努力が否定されたような一言を言われると、「じゃあ、一体どうすればいいんだよ??」という気持ちになるのも当然だと思います。

 

そこで…

 

以下のことを知って頂くだけで、あなたの歯磨きは確実に上達します!! gya

 

口腔ケアが非常に重要で、その良し悪しが老後のQOL(クオリティ オブ ライフ)に大きく係わってくるということは、多数のメディアが色々な研究データの紹介を基に報じているお蔭でようやく広まってきました。

 

それを受けて、歯ブラシメーカーからも色々な歯ブラシが研究開発され、形態や大きさなど色々工夫されたものが登場してきました。テレビのCMでも毎日のように歯ブラシの新製品を目にすることでしょう。薬局に行かれると多種多様な歯ブラシが置いてありどれを選んで良いか迷ってしまうほどです。

 

それでは一体どの歯ブラシを使えば良いというのでしょうか??? 

 

 

当医院ではスイス製のクラプロックス(CURAPROX)という歯ブラシを大推薦しています!!

 

クラプロックス

 

 

歯ブラシは昔から色々なタイプのものが発売されてきており、それなりに磨きやすく出来るようにしてくれるタイプの歯ブラシが数多く出されてきました。しかしそれにもかかわらず、

 

肝心のプラークと呼ばれる歯と歯茎の境い目にある細菌の塊を完全に取れている方が我々の診療室においても本当に少ない

 

のです。結果「上手に磨けていませんね shun」となって指摘されてしまうのです。

 

では、何故皆さんが毎日一生懸命に歯を磨いているにもかかわらず歯周病が慢性化していくのか?、そして、何故日本の国民が海外からのインバウンドの方々から頂いている評価の中でおもてなし感が高くて高評価な面がある反面、残念だと思っている点に「日本人には口臭のある方が多い」ということを取り上げられてしまっているのでしょうか?

 

そもそも歯磨きとは本当はどこを磨けばよいのか?を考える必要があります。

 

プラーク

 

 (図1) 歯頚部(歯と歯茎のキワ)に沿って白いプラークが帯状に付着している状態

 

 

(図1)の写真は奥歯の外側から見た写真で、歯頚部と呼ばれるところに注目して頂きたいのですが、白っぽく帯状にプラークと呼ばれる細菌の塊がゴッソリと付いているのが見えます。この方も実は「歯磨きはしています」しかも「電動歯ブラシも使っています」という方でした。そもそも歯磨きではここの残ってしまっている部分こそ取らなくてはいけないはずなのですが、それが実際は全く取れていなかったのです。

 

奥歯の内側や、下の前歯の裏側などにはこの状態のように慢性化している方がとても多くみられます。

 

 

プラーク2

 (図2) 一番汚れの溜まりやすい歯頚部

 

 

歯頚部と呼ばれる歯と歯茎の境い目の部分が一番汚れの溜まりやすい部分で、実はここの全周部分をいかに綺麗にしておけるかという事こそプラークコントロールの神髄なのです。「歯周病」と呼ばれる病気にならないためには、そもそも(図2)のように歯の周りに取り巻くプラーク(赤い点で描いてあります)をいかに毎日取り除いておけるかということに尽きます。

 

これに対して、一般の方は歯磨きをする際に、歯ブラシが(図3)のような当て方になっている方がほとんどのようです。

 

 

プラーク3

 (図3) 歯ブラシの毛先が歯のみにあたっている状態。

 

 

歯ブラシの毛先が歯茎のキワには当たっておらず歯のみに当たっているため、キワのプラークは依然として残ったままの状態です。ならば理論的には(図4)のようにブラシを当てればプラークの取り残しは生じないはずなのはご理解頂けるでしょうか。

 

 

プラーク4

 (図4) 理想的な当て方

 

 

分かり易くするために、一番下の方の歯ブラシの毛を赤くしてありますが、その部分が歯ブラシの一番端っこの毛先だけが歯肉溝に入り込んでいる状態で、しかも歯肉には当たっていない、歯茎のギリギリの所までだけにきっちりとブラシの毛を当てられているか、がポイントとなります。そしてこれが出来ている方が上手な歯磨きが出来ている方ということになります。

 

ただ(図4)の方法は技術的にとても難しいのです。何故かと言うと、通常の歯ブラシの毛先はある程度硬いうえに、植毛の数が少ないために歯茎に少しでも当たってしまうと痛いためについついそこから少し離したところで歯ブラシを当ててしまい、結果的にキワのプラークは残ったまま、という先にあげたような状態(図3)になります。無理して歯茎に毛先か乗っかった状態でゴシゴシとやられてしまいますと、今度は逆に歯茎が痛んで、擦過傷や歯肉退縮で知覚過敏を引き起こしてしまうという危険性もあるのです。(オーバーブラッシングと呼ばれています)

 

実は硬めの毛先の歯ブラシでピンポイントに上の(図4)のように磨ける方は、それをしっかりと理解されて実際にその様な部分にブラシの毛先を当ててコントロール出来ている方のみ有効で、ほとんどの方は今お使いの歯ブラシでそれをやろうとするのがなかなか難しいということになります。

 

この歯ブラシ技術は本当に難しいものですが、逆にこれが上手に出来る方であるならば、実はどんな歯ブラシをお使いになっても口腔ケアはしっかりと出来るというのが事実のようです。電動歯ブラシをお使いの方も、そのヘッドの毛先は同じように歯と歯茎のキワに当てられていなくては効果も半減ということになります。

 

ところが高価な電動歯ブラシを使っていれば大丈夫!と勘違いしておられる方が実は非常に多いのですehe

 

それではそんな歯茎のキワとかいった面倒なことなど考えなくてもいい、歯と歯茎両方に適当に当ててただゴシゴシとするだけ(図5)でしっかりとキワも自動的に磨ける歯ブラシがあればベストだろうな、ということになりませんか?

 

 

プラーク5

(図5) 歯と歯茎両方に適当にあてる歯磨き

 

 

この当て方で安全に出来る歯ブラシが登場したのです!

 

スイスのクラプロックス(CURAPROX)という歯ブラシです。

 

クラプロックスの歯ブラシは高密度植毛で極細であるファイバーで構成されているために、歯と歯茎の両方に毛先が当たっても全く痛みが無く、しかも効率よくキワのプラークが自動的に絡め取られます。

 

ヨーロッパの最新の考え方に基づき設計され、コンパクトヘッドにソフトな植毛をされており、通常の歯ブラシの毛の数は多くても800本くらいなのに対して、なんとこの歯ブラシは7倍もの5460本もの高密度設計となっています

当医院では最上位の7600本というタイプのものを採用・大推薦しています。

 


かなりしなやかで極細の特殊な毛先が高密度に植毛されているために手で触るとビロードのような感触で、歯茎に当たっても全然痛くなく、しかもマッサージ効果が適度に得られる硬さになっています。これにより歯と歯茎のマッサージが両方可能となり、歯磨きの際の歯ブラシの当て方を難しく考えないで、どなたでも上手にプラークコントロールが出来るものとなりました。

 

プラークコントロールの神髄は歯磨きというより、歯茎磨きという言い方の方が合っており、その歯茎磨きを体現できる歯ブラシなのです。

 

当医院では今までは基本的には「どんな歯ブラシを使えばいいのですか?」というご質問をされる方に対して特定のメーカーのこの歯ブラシが良いと言った指定はしていませんでしたが、現状お使いの歯ブラシでご自分がシッカリと磨いているつもりであるにもかかわらず「磨けていませんね…」と言われてしまう方に対してはクラプロックスの歯ブラシをまずおススメしております。

どなたが磨いても、とりあえずそこそこの合格点がつけられるプラーク除去がすぐにでも可能となるからです。アマゾン、東急ハンズでもクラプロックスまたはキュラプロックスとして入手可能なようですし、当医院でも販売しております。

 

そして購入した方の8割~9割が必ずリピーターとなってくれています!!

 

歯磨きとはその方の技術力に合わせてどこを狙って綺麗にすれば良いのかということを頭で理解しながら実践して頂くことであり、そのための歯ブラシというのはそれを達成するために自分に合ったものを選ばれるのが一番大切だということになります。

ですので電動歯ブラシだから安心とか、毎日磨いているから安心ということではなく、キワのプラークがどれだけ本当に取れているのか、毛先をキワに当てることが出来ているのかということだけを考えて各自工夫して磨いて頂くことこそが一番大切なのです。

 

    『磨いている』のと『磨けている』のでは全く違うのです!

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.11.13更新

完全に消えなくてもかなり軽減するケースを沢山経験してきました。

 

当然と言えば当然です。悪い噛み合わせや歯並びは口元の筋肉に緊張感を与え、結果しわを強調させます。お口に合っていない入れ歯や低い噛み合わせは筋肉を収縮させ深いしわを作ります。

 

また犬歯(糸切り歯)の真後ろにある第一小臼歯(4番)を抜歯して矯正治療した方でほうれい線にお悩みの方も実は結構いらっしゃいます

当然です。丁度口角の端付近に存在する第一小臼歯を抜歯してしまうのですからuo

 

第一小臼歯の存在の大切さは何度も何度もこの「院長コラム」の中で協調してきましたが、その機能面のみならず審美面においても大きく影響してきます。

 

上記が原因の場合、ヒアルロン酸を注入したとしても根本的な解決にはならないでしょう。

 

 

【例1】

 

この方は歯並びが悪く、また噛み合わせが右に曲がっているため、ほうれい線が気になって仕方ないと言っていました。

 

法令線

 

大谷

 

そこで矯正治療と噛み合わせの治療を行い歯並びを良くして曲がった噛み合わせを真っ直ぐにしたところ…

 

法令線2

 

大谷2

法令線はほぼ無くなりました!

 

 

【例2】

 

10年以上前に大学病院で犬歯(糸切り歯)の真後ろにある第一小臼歯(4番)を上下左右4本抜歯して、噛み合わせの低い金歯を入れられて以来体調不良や噛み合わせの違和感に悩まされてきた患者さんです。

 

 

しわ

 

ほうれい線のみならず下顎のしわに注目して下さい!

 

大川

 

再矯正と適正な高さのセラミックを入れました。

 

金歯2

 

大川2

 

ほうれい線が浅くなり、何と言っても下顎のしわがかなり改善されたのがお分かりになりますでしょうか?

 

 

以上、ほんの少しの例だけお見せしましたが、噛み合わせ、矯正治療によって享受出来るメリットは沢山なのです!!

 

筋肉は…いや

「噛み合わせ・矯正治療は裏切らない!」

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.11.07更新

虫歯や歯槽膿漏が酷くなってしまい、歯の神経を取る事になることは良くあります。神経を取られた歯のことを失活歯(しっかつし)と呼び、生きている生活歯(せいかつし)と比べた場合、次のような問題があります。

 

1.     生活歯に比べて強度が下がる(木に例えるならば失活歯は枯れ木のようなもの)

2.     失活歯は経年変化で黒ずんでくる

3.     感覚が生活歯より鈍くなっている

 

問題点の1.と2.に対応するために、基本的には失活歯に対しては、その次に行う処置は補強するために土台を作って、その後にクラウンと呼ばれるかぶせ物でカバーして対応します。

つまり、生活歯の治療の場合、悪い所を削り取った後は、そこをコンポジットレジンと言う樹脂で埋めるか、そこの部分の型を採ってかぶせ物をして治療が終了するのに対して、失活歯の場合にはまず土台で補強する作業が先に必要となってきます。

 

また、失活歯の場合には歯質の強度が減少しているために、欠けやすい状態となってきますので、同じくらいの大きさの虫歯でも、余分に削られることがかなり多いのが現状です。

 

ご自身の大切な歯質は出来る限り残したいと考えるあまり、奥歯などの何十キロという噛み合わせの力が大きくかかる場所において一部分のみの(インレータイプと呼ぶ噛むところの場所の内側部分にはめ込むような形の詰め物)処置をしてあったために、処置後少し経過して使っている間に、そこから歯に亀裂が入って、半分に割れて、結局は抜歯となってしまうような危険があります。

 

かぶせ物の種類には色々な素材がありますが、健康保険の場合には基本的に奥歯は全て銀歯で、前歯も銀歯に使うのと同じ金属にプラスチックが張り付けてあるものと最初から決められてしまっています。ですので、どうしても口をあけた時に銀色の金属部分が見えてしまう場合が少なくありません。その他銀歯の弊害については過去の「院長コラム」をご参照ください。

 

歯科の素材は日進月歩で新素材が登場してきているために、生きている歯と全く分からないように失活歯を修復することも可能となってきました。

 

その最先端の素材がジルコニアセラミックであり、審美性と強度両方を兼ね備えた最高の素材となります。

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.10.10更新

皆さんの歯は毎日の食事をする際や就寝時や無意識下での歯ぎしりや食い縛りの際に強い力で酷使させられ、汚れや口腔細菌に日々晒されています。そんな中で本当に身体に無理が無く長期的に安定するかぶせ物は何でしょうか?

 

折角治したところからまたダメになってきてやり変える必要が生じてしまうというリスクはどうしたら避けることが出来るのでしょうか??

 

今まで皆さんはこれからずっと使うかぶせ物について、単純に健康保険の銀歯にするか?そうでない自費の高い白い歯にするか?という説明しかされて来なかったのではないでしょうか?

 

と言うのも、そもそもどうやったら長持ちするのか?どうなったら歯がダメになるのか?ということを“教えていない”医療機関が結構多いからなのです。

 


 今まで他医院に通われれてた患者さんによくよく話を聞くと、手際よく虫歯治療をして治してくれることだけに忙しくて、どうやったら治した歯が長持ちするのか?という方法論にまでは全く時間を割かずに、保険と自費の値段の違い位についてしか説明してくれず、単純に高いか安いかという判断だけしかされなかった方が結構多いことに驚きますgan

 

とっとと安上がりにダメになったところだけを早く治して欲しいということだけを求めてこられる方にとっては、うちの診療所は向いていないと言わなければなりません。

 

「どうやったらまた同じところがダメにならないように出来るのか?」 「別のところがダメにならないようにするにはどういったことをすればよいのか?」知って頂きお伝えすることが何より重要なのです!

 

皆さんには、人生の貴重な限られた時間を割いて、折角通院して頂くわけですから、無駄な時間を取られないようにする方法をまず知っていただきたいのです

 

自分の歯がダメになり、知らないうちに別の場所もダメになり治療を必要とする事態を望む方は誰もいないでしょう。他の診療所で、歯磨きをよくしてくださいということを伝えられただけで、具体的にどういった行動をあなたがとればよいのかということまで伝えられてきたでしょうか?

 

長期的に口腔内を安定させ、治療のための無駄な通院時間の節約が出来る具体的な方法は次の2つです。

 

① かぶせ物の素材は健康保険の銀歯などの金属の場合ですと、金属イオンの影響でプラークが付きやすく (➜部)、プラークの溜まった場所から酸化腐食が始まり、やがて黒くなり、2次う蝕で (←部) 何年か後に再治療のリスクがかなり高まるので、金属でない素材でしかも表面にプラークが付きにくいジルコニアセラミックのほうが良いのは当然です。また、酸化腐食すると金属アレルギーの影響が出やすくなり口腔内電位が高まり、身体に悪影響を及ぼします。

 

 

プラーク

 

じるこにあ

 ジルコニアセラミック

 

 

② かぶせ物をどうしても金属にする場合には、せめて予防処置を徹底させ、かつ定期的なクリーニングとメンテナンスにお金をかけるという習慣化が重要だということです。

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.09.12更新

質問です!

 

70歳を過ぎた時に皆さんは下の写真のどちらのお口の状態で居たいですか

 

藤門鬼川

 

実は、この写真のお二人とも72歳の同じ歳の方です。

 

真面目にこのコラムを読んでいる皆さんなら当然上の写真の状態で居たいですよね??

 

それでは…

 

皆さん歯科治療を受ける時に今までどのような受け方をされてきましたか

 

もしかしたらこれから書くようなよくありがちな治療を受けてこられませんでしたか??

 

そして当然と思い何も疑問を感じなかったということはありませんか???」 

 

もしこれから書くような治療をされてきていて、それに対して何も疑問を感じていないなら、70歳になった時に上の写真の方のようなお口の中で居られるのはまずは不可能だと断言できます!

それどころか70歳、いやもっと早い50歳とか60歳の段階で下の入れ歯のようなお口の中になってしまわれるかもしれません!!

 

 

【悪循環な歯科治療の例】

 

Nさんは、会社の定期健診で数本虫歯があり歯石が溜まっていると指摘されたので、直ぐに会社の近所の歯科医院に行って診てもらいました。

 

案の定、虫歯と歯周病ということで、歯石除去と虫歯を削って治療してもらい、その部分には健康保険の部分的な銀歯とプラスティックの歯が入れられて、2回で治療は終了しました。

 

数年後にまた… 会社の検診で今度は別の場所が虫歯になったことを指摘されました。 Nさんは再び会社近所の歯科医院に治療に行き、歯石除去をした後に別の銀歯とプラスティックの歯が口の中に増えて、治療は終了しました。その時は前に診てもらった先生は退職していて別の先生に治療してもらいました

 

そんな治療の繰り返しが何年かおきに何回か続いた結果、気がついた頃には、ほとんど奥歯は銀歯とプラスティックだらけの状態となっていました。まるでお口の中が金属の墓場ganみたいです。そしてプラスティックの歯は変色して黄ばんだ状態です。

 

金属の墓場

 

 

 

Nさんにとっては、ほとんどの歯は既に治療されているから、そこはもう虫歯にはならないだろう、もうこれで当分は平気だろう…と思っていたわけです。

 

ところが… 今度は数カ月してから、以前に治した銀歯のキワの部分が黒っぽくなっていてしみるようになったのです。

 

それに加えて、以前より歯ブラシを当てると血が出やすいので、再度会社の近所の歯科医院に行くことにしました。すると、今度は治したはずの銀歯と歯のつなぎ目から虫歯が進んでいて、銀歯の下の方にはかなり大きな虫歯が広がってしまっている、と歯医者さんから説明されたのです。実際に治療用の探針がひっかる状態でした。ちなみに担当してくれたのはまた違う歯医者さんでした

 

Nさんは通院する度に毎回担当してくれる歯医者さんが違っていました。先生が大勢勤務している会社の近くの大きな歯科医院に通っていましたが、たまに治療中の仮の詰め物が取れた時に予約無しで駆け込んだりした時には「本日は担当医が不在のため日を改めてお越しください」と言われて数日我慢しなければならないのが不便でしたが、会社から近くて便利なため特に他の医院に変えようとは思いませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕方なく麻酔の注射を受け、一度治した銀歯を削って外した後、黒くなってしまった部分と虫歯で悪くなった所を更に深く取り除かれました。今度は神経まで虫歯が達していたので、神経を取る治療までしました。これですっかりしみなくなって良かった、ということでしたが、今度は最初よりも大きなクラウンと言う歯全部をかぶせてしまう銀歯が入って、治療はいったん終了しました。

 

その後は痛くなることは無く過ごせていたのですが、また何年かして、今度は治した銀歯が自然に取れてきたのです。銀歯が取れる少し前あたりから、歯磨きをするとやはり血が少し出て、そこには物がやけに挟まりやすい…といった症状はありました。

 

しかも何となく口臭も強くなってきた感じがしました。それでも今回は痛くないのできっと簡単に付け直してもらえばすぐに終わるだろう…と気楽に歯医者さんに行ったところ、「虫歯が沢山進んでいるのでこの銀歯はもう使えません」と言われました。


神経を取って銀歯をかぶせた歯でも虫歯は進むのだ、痛くなくても虫歯はどんどん進んでいくのだ、ということをNさんはこの時初めて知ったのです。さらに厄介なことに神経の無い歯は以前のように虫歯が進んでも決して痛くなってこないため、事の重大さに気づくのが遅れて、結果的に相当大きな虫歯になってしまっていたのです。

 

歯は象牙質とエナメル質という硬い組織で出来ていますが、虫歯になると、おが屑(くず)のように柔らかくなってしまい、虫歯菌で感染された歯質の部分はそのままにしておくとどんどん進行して柔らかくなっていくのです。

結果的に虫歯にやられてしまった悪い所を全て削り取られると、ほとんど自分の歯が残っていないすり鉢状の切り株の状態となり、歯の本体自体どころか、根っこの部分はほとんどない薄い状態となってしまったのです。こうなると、土台を立てて大きな歯を支えるだけのものは無理です。


「もうやり直しはできないので保存不可能ですね、抜歯です。」と言われ抜歯しか選択出来ない状態unでした。

 

抜歯

 

 

 

Nさんは今まで虫歯になったら、いつも真面目に歯科を受診して、その都度しっかりと治しているつもりでした。それなのに、何年かごとにダメになっていくのは仕方がないものなのかな?、、、と思いながらも、何故そうなるのだろうか?と少し疑問を持ち始めていました…

 

【これまでのお話の問題点とは?】


皆さんはこのストーリーをお読み頂き、Nさんのこれまでのどこに問題があると思われたでしょうか?

 

また、もしかしたら皆さん自身も経験されてきませんでしたか


虫歯が出来たからと言ってNさんはそれを放置していたわけではありませんし、診療を真面目に受け、言われたままに治療され、その後終了となっています。Nさんに責任は何一つ無いように思えますよね?


 Nさんは当医院に実際にいらしている方で、基本的にとても真面目な方です。こういったNさんのような患者さんは当医院以外でもとても多く、我々の毎日の仕事は、ほぼそうしたことの繰り返しをしているといった状況ではないでしょうか?このような方があまりに多くいらっしゃるので、今後はこういった方々がどうすれば再治療のない長期的に安定した方向へ持って行けるか?といった事をお伝えしたく今回こうしてここに紹介させて頂いているわけです。

 

多くの真面目な患者さんが、例えそれが自分の為とはいえ、治療のために何度も足を運んでくださっているにもかかわらず、何故一定期間後に再度同じような治療を再び受け続けなくてはならないのでしょうか?

 

実は、Nさんの治療のストーリーにはつの大きな問題点があったのです。

 

これからお伝えするそのつの問題点を他人事と考えず、是非今後ご自分がどのような行動をとればよいのかということの参考にして頂きたいのです。そうすることにより、一般的によくありがちなNさんのような結末にはならないとお約束出来ます。

 

 

問題点1

初めての治療の時に、虫歯がどうして起きたのか?という理由と、今後そうならないための対策法について教えてもらっただけで、今なってしまっている虫歯の所だけを治してしまえばそれでもう治療は終了してしまってその後は何もしなかった点というにあります。

 

虫歯や歯周病になった理由を聞いたとしても、しっかりと毎日の生活の中でどうすればそうならないのか?という具体的な方法を実行に移していなかったという事が決定的に問題のあった点となります。

 

 虫歯は虫歯菌で起こる細菌感染症です。歯槽膿漏は歯周病菌によって引き起こされる細菌感染症です。」

 

Nさんは口の中にこの悪玉細菌に感染している状態で口の中の組織の抵抗力が弱くなり、虫歯や歯周病が発症してしまったのです。細菌の棲家となっているプラーク(歯垢)は歯磨きだけでは60%しか取り切れていないので、虫歯や歯周病を進行させないためには歯科医院で定期的なクリーニングを受けて頂くことがとても大切です。

 


基本的に細菌の量をコントロールすべく、しっかりとした口腔ケアをすれば防げます。また、だらだら食いなどの乱れた食生活があると簡単に虫歯になってしまいます。歯並びが悪くて磨き方が上手くないといった人など自分で虫歯リスクが他の人よりも高いと思う場合には、何でもなくても定期的な口腔ケアクリーニングなどの予防処置で歯科を受診することで、虫歯の予防や歯周病の予防にもなります。

予防メンテナンスクリーニングは、健康保険では出来ないのですが、そうした知識を知らない方にとっては、痛くもないのにあえてお金をかけて自費でクリーニングする意義がお分かり頂けていないという残念な状況が日本にはまだあるようです。そもそも今までの歯科診療所ではそういったアナウンスをしているところはほとんどなかったと思います。歯科医院は悪くなったら治す場所ではありますが、悪くならないために行う予防処置を行うところでもあるので、そのような考え方にマインドを変えていただけるとNさんのようにはならないのです。

 

問題点2

初めて治す場所に、健康保険治療で使われる銀歯やプラスティック以外に、プラークを寄せつけない安定した生体親和性の高い別の素材を選択する余地は無かったのか?という点が挙げられます。

 

健康保険では、大臼歯の虫歯治療の場合、虫歯が大きくなると基本的には金属の銀歯しか認められていません。(小さな部分はコンポジットレジンという白いプラスチックの詰め物で治されます。)

 


銀歯は実は金属イオンの影響で、口腔内のプラークを引き寄せやす(下の写真 ↑ 、特に隣り合った歯とのそのつなぎ目は慢性的に汚れやすい状態になります。そのまま磨き残しが歯と歯の間にある銀歯の部分から、酸化腐食して黒くなり、2次う蝕と言って虫歯が再度そこから出来る事がとても多い素材(下の写真 ↓ なのです。

 

ginnba

 

コンポジットレジンは小さい範囲の虫歯であれば、麻酔も不要な場合が多く、当初は歯と同じそっくりな色で出来るので、患者さんに大変喜ばれるのですが、数か月経過すると、プラスティックの性質上表面が粗造となるため汚れが着色し、噛み合わせの面に使った場合擦り減って噛み合わせのバランスが狂ってしまうのです。当然、歯とプラスティックの隙間も大きくなり2次う蝕となりやすいのです。

 

実は毎日の私どもの治療の半分以上は残念ながらこうした“2次う蝕”になってししまった方の治療の時間に割かれているという実態があります。

 


それでは、もしご自分の口腔内の状態が人よりも常に清潔に保てている自信がないのであれば、最初からそうしたリスクにさらされにくい素材、例えばセラミックやジルコニアなどの歯と同じ色の素材を、少々高くても選ぶべきではなかったのではないでしょうか?

また、保険が利かないから、高いからという理由で、最初から情報を与えられていなかった可能性もあります。基本的に健康保険の素材は、学力で言うところの義務教育レベルです。


穴が開いた場所を埋めてとりあえず噛めるようにするという、最低限度のところまでしかカバーされていないのが健康保険レベルのものなのです。義務教育レベルの上には高校や大学があるように、歯科で治す素材も、優れた素材が健康保険の銀歯以外にもたくさんあるので、それを希望される方はそちらに進むわけです。

 


歯科治療も、そのことの本質を理解されて、既に昔の治療で入れてしまった銀歯を後日外されて生体親和性があり、金属アレルギーの心配のないセラミックやジルコニアといったプラークのつきにくい白い素材に置き換えていかれる方が最近特に増えてきました

 

ジルコニア

 

ちなみに銀歯は歯科医師ならば絶対に自分や身内には使いません!

 

歯科最先進国であるドイツ・スイス・オーストリアや歯科先進国であるアメリカやフランスでは、患者さんのお口の中に銀歯や針金の入れ歯を入れることはしませんし、歯科大学でそのような教育をしていません。

 

ドイツでは患者さんのお口の中に無断で銀歯を入れた歯科医師は禁固刑になるくらいです。

 

問題点3

 

Nさんは通院するたびに毎回担当医が違うということでしたが、ここで誰かがNさんのお口の中の状態を見て、上記した問題点1と2をしっかり説明して、Nさんに今後どうするか?を選択してもらうべきだったのではないでしょうか?

 

そこはやはり同じ担当医ならばNさんの治療ストーリーを把握しているのでどこかでこの悪いスパイラルから戻してくれたのでは?と思いませんか?

 

 

いかがでしたか?

 

これまでのような真面目で治療主体型の患者さんはダメで、先を見据えた戦略型の患者さんでなくてはならない理由がお分かりいただけたでしょうか?

 

病気になってから初めて病院で提示されるままの診療を黙って受け入れてこられた従来型ではダメで、自分からどうすれば今後うまく維持していけるのかを考えながら診療所を使い倒すような患者さんこそ本当に長期的に安定した状態を維持していけるということなのです。

 

人の寿命が延びた結果、健康寿命をいかにして長くするか?、、、といった議論がよくされています。実は、口腔内を入れ歯ではなくしっかりとしたご自分の歯で老後過ごされている方のQOLは、そうでない方に比べて計り知れないものがあります。

 

老後は食事や人との旅行が唯一の楽しみでしょう。そんな時でも、いちいち硬いから食べられないなどと言って食べられるものを気にしながら食べるのはとても残念であるし、またそういった気兼ねがあると人と一緒に外へ出なくなってしまい、どんどん老けこんでいくでしょう。

 

そもそも歯を失わないための口腔ケアの習慣化、そして予防としての定期的なクリーニング、更には治すのならなるべく2次う蝕になりにくい良質な素材で治すという基本的な考え方は、結局老後になっても歯を失わずに過ごせるための一番最初の登竜門であることがご理解できた方からそれを実行に移されていかれているようです。

歯をよく磨きましょう…そんなことは聞き飽きました。


問題はどうしたら口腔内の細菌量を減らすことが出来る方法なのかを考え、そして治すのなら最初からやり替えのリスクの少しでも少ない良質な素材で、ということになるわけです。

 

私が平成14年に開業してから既に17年以上経過しています。その後、診療室の登録患者数は現在までに2千人を超えました。

 

そしてそこから分かった事実は、Nさんのような全て健康保険任せの治療習慣から脱却されていかれた方の多くが、結局は安定した状態をその後も享受し続けられているという事なのです。

 


私どもは長年の経験と実績からどうすれば長期的に安定した状態で口腔内を保つことが出来るかという答えを持っています。

 

極端な話、お金があればインプラント治療を受けることが出来るので入れ歯にはならないでしょう。セラミックで白くて綺麗な歯を入れることも出来ます。しかし親から授かった天然の白い歯や自分の根っこがある歯は二度とお金で買うことは出来ません。

 


 かなり条件の悪い状況からでも私どもの提案を信じて実行された結果、大勢の方が毎日の安定した口腔内状態を現在も続けることが出来ています。

 

70代になってもご自分の健康な歯で口元が若々しければ老人には見えません。そんな口元に対して最大限の注意を払っていただける方に対して、私どもの診療所では様々な対処方法をご提案させて頂いております。

 

このお話に加え、更に銀歯とジルコニアについて詳しく記した冊子を用意してありますので、来院時に是非ご覧下さい。

 

 

 

 

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.08.27更新

今回は私が当医院で「口腔がん検査」を導入するきっかけとなったとても貴重な体験をご紹介いたします。

 

私の大切な愛犬「コマ」(トイプードル)に起こった奇跡についてです。

 

コマ

 

 

昨年の2017年12月13日、愛犬のトイプードル「コマ」が歯肉の悪性腫瘍(扁平上皮癌・口腔がん)で余命3カ月と細胞組織検査の結果を受けて宣告されました。獣医さんからは、「悪性の歯肉癌はタチが悪く、抗がん剤治療や放射線治療をしても、どんどん腫れて来て、出血も多く、痛み、食べられなくなるので、見ていて可哀相になります。

 

ただ…癌の箇所が上顎の前歯の歯肉辺りなので転移が少ないため、手術で癌を取り除けば、少しは延命が可能かも知れないです。とは言っても、鼻と上顎が無くなるので、見た目と食事にハンディを背負うことになります。最悪の場合安楽死も選択肢に入れておいて下さい。来年の桜を一緒に見られるかどうか…(言葉を振り絞って)見られたらいいですね。」

 

病理

 

との事でした。私も歯科医師ですし、一医療人なので歯肉癌の怖さは十分分かっています。そして、抗がん剤治療や放射線治療がどんどん身体を弱らせて行くことも。癌細胞だけでなく、正常な細胞をも殺してしまうので当たり前です。しかも嗅覚という犬にとって大切な働きを担う鼻を取ってしまうことに抵抗がありました。

 

他に何か良い方法は無いものか?色々調べた結果「自然の森製薬」shizenno-mori.comさんという、犬の腫瘍専用フードを製造・販売している会社がありました。そのフードを購入した際に同封されていたパンフレットに「紅豆杉(こうとうすぎ)」という漢方の抗がん剤の記事に目が釘付けになりました。人間の抗ガン、抗炎症ケアの漢方薬として日本全国の医療機関・大学で研究され、がん細胞のみ攻撃するため副作用が無く、良い成績をあげているとのこと。この漢方を犬用に特別に販売しているというではありませんか!『直感的にこれしかない!』と思い、腫瘍専用フードに混ぜて与えることにしました。

 

紅豆杉

          

 

漢方薬なのでもちろん即効性は有りませんし、時には漢方の味が嫌なせいか?食べない時もあり苦労しましたが、そうこうしているうちに余命だったはずの3カ月が過ぎ、半年過ぎたあたりから、異常に元気になり、がんの箇所の腫れが小さく、赤みが薄くなって来た気がしたのです。

 

そして8月になって、な、何と信じられないことに『癌がほぼ無くなっている』のです!!!

更には、体重も1キロ増えました。悪性腫瘍では有りえないですよね。特に食べ物が関わる口腔内の癌なのに。

 

写真を撮りましたので、是非ご覧下さい。赤く腫れあがった状態から、すっかり赤みも消え、腫れも引いてしまいました。漢方は効き目が出るまで最低半年はかかるものと分かっていましたから、諦めずに根気強く続けて本当に良かったです。今でも引き続き量を減らしながら与えています。

 

赤く腫れあがった状態(2017年12月)  コマ がん 

 

悪性

 

赤みが消え、腫れも引いた状態(2018年8月)

こま がん2

 

           

 

 

 

コマはペットホテルの前で置き去りにされた保護犬で、私も孤独だった大変な時期に縁有って迎え入れた大切な愛犬です。3年前の2014年12月13日に迎え入れ、その日を誕生日にした同じ12月13日に口腔癌と宣告されたのは何と皮肉な事かと思いました。が、そんな子がここまで元気なった姿に私自身が勇気づけられました。今は紅豆杉をご紹介いただいた自然の森製薬さんに感謝の気持ちで一杯です。

 

ちなみに、コマが日に日に良くなって来たのを見て、自分の癌治療で抗がん剤を止めて、紅豆杉を飲み始めた医師である父も「信じられない」と言い、紅豆杉を飲む量を増やしました(笑)。そして抗がん剤治療をしている時よりはるかに元気な毎日を過ごしています。

 

この出来事を通じて確信したのは、【がんの早期発見】の大切さです。歯科医師である私はコマの歯を毎日磨いていました。彼は1年間保護施設に居たのですが、少なくともその間口腔ケアはロクにしてもらえず、歯はボロボロの状態でした。ある日上の前歯が急にグラグラし始めて歯肉が腫れ始めたのです。そこですぐにかかりつけの動物病院に行き抜歯と同時に組織検査をしたのです。ですから口内炎がいつまでも治らないとか些細なことでも早期に検査することが一命を取りとめることになるならば!との熱い気持ちから、当医院では「口腔がん検査」を導入することにしたのです。

 

また従来なら「口腔がん検査」は大学病院などの大きな医療施設でしか行っていませんでしたが、そうなると皆さんご存知の通り通院時間や距離などの問題で行くのが億劫になってしまうでしょうから、かかりつけの医院で手軽に出来ないものか?ということから当医院で導入することにしたのです。

 

*  紅豆杉に関するパンフレットは当医院でご用意がありますので、御関心がございましたらご一報下さい。

 

【追記】

 

先日、動物病院で秋の健康診断を受けました。採決結果で信じられない奇跡に遭遇しました!gya

普通ならガンしかもそれが悪性なら高い数値を示すはずの炎症反応が、な、なんと!標準値以下でした!gangan

 

炎症

 

これには獣医さんもびっくりしてました。しかもがん発生時の体重が5.3㎏ right arrow なんと7.0㎏に増えてました。

悪性がんなら信じられないことですよね?

 

 

       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.08.05更新

真面目に歯医者に通って治しても治しても、また何か月か何年かして同じ場所がダメになってくる経験をされたことありませんか?


せっかく治したのに、また同じところがダメになってしまった…何故なんだろう?と疑問を持たれたことありませんか??
今までに多くの研究者が様々な実験結果から報告していることを総合すると歯がダメになる大きな理由には大きく分けて3つあります。

 

1.   糖尿病などの全身疾患に罹っている場合

2.  口腔内を清潔に保っていない場合

3.  特定の歯だけに力がかかるようなバランスの悪い噛み合わせの場合


歯科医師になって以来色々な治療を経験してきて23年経ちますが、この3つ以外に当てはまるものは今のところ経験していません。

 

1.の「糖尿病などの全身疾患に罹っている場合」は残念ながら歯周病の進行を出来るだけ遅くするためのケアしか現在のところ出来ません。しかし不幸にしてもし歯が多く失われてしまった場合インプラントという選択肢は除かれ、ドイツ式テレスコープ義歯を調整・修理しながら使って頂くのが最善と思います。

 

確かに 2.の口腔内を清潔に保っていない場合」も一つの理由として考えられますが、いつも同じ場所だけが磨き方が悪いからだけなんてことがあるでしょうか?本当にそうであるならば、その特定の場所を念入りに磨くよう心掛ける必要があり、そのためにはメンテナンスのクリーニングを定期的に通ってもらうのも一つの方法でしょう。

 

ところが…

もし歯磨きの習慣としての口腔ケアはしっかりと出来ているにもかかわらず、何度もその場所がダメになったり、他の部分もダメになってくるのであれば、それはおそらく噛み合わせの全体のバランスが良くない状態のままであり、症状が出た場所の治療しか出来ていないことから、噛み合わせるたびに起こる「力の干渉」が結果的に蓄積してダメになった可能性が大きいと言えます。つまり3.の「 特定の歯だけに力がかかるようなバランスの悪い噛み合わせの場合」であり、臨床経験上8割に当てはまっています。

 

現行の健康保険では、そこだけ治療(痛い、取れた、虫歯になった、腫れた、その部分だけの治療)をするのが一般的です。健康保険制度では対症療法しか認められていないからです。これからもこれは変わらないし変えることは出来ないと思います。
こういった「そこだけ」治療では、そもそもそうなってしまった歯をだめにする原因となる、先にあげた3つの大きな要因のどれもクリアーしておらず、あくまで対症療法にしかなっていなかったという点に治療としての限界があります。

 

例えば歯並びを治す矯正治療の場合には、そもそも歯並びが成長発育の過程でなぜそのように悪くなってしまったのかを色々な資料を取って分析して治療する事が出来るために、悪くなってしまった原因からの根本治療が可能となります。

 

また、元々歯並びは良くて噛み合わせに問題がなくても、口腔ケア習慣が出来ていないと、例えば虫歯を削って奥歯に部分的な銀歯を被せて治ったかと思いきや、口腔ケアが悪いせいでしばらくしてからまたそのつなぎ目部分が停滞したプラークのせいで腐食して黒くなり2次カリエス(虫歯)となります。⇒そして今度ダメになった時には以前よりもっと削られて神経を取られた後、全体的に銀歯を被せて治療が一旦終わります。☞そうなると、再び磨けていない部分から再度銀歯が虫歯になっても、今度は神経が無いせいで銀歯が崩れ落ちてくるまで虫歯が進んでしまっても痛くないので結果的にかなりの歯質が崩壊していまっていることがとても多くなります。銀歯が撮れてきただけなので、ご本人は気楽にまた着けるだけで済むと思いきや、残っているご自分の歯の根っこの部分は既にほとんどが虫歯が進んで崩壊してしまって、結局抜歯せざるを得ないことが多いのです。
そして義歯やインプラントなどのさらに大掛かりな治療が始まる…といった歯を失っていく悪循環の連鎖から一生断ち切ることができないことになります

 

元々「口腔ケア」は出来ていて、しかも「嚙み合わせ」にも問題ない人が、事故などの突発的な理由で歯を失ってしまい、そこにインプラント治療をして治した人と、それとは別に2.3.の2つの歯を失う原因のどちらかの理由で歯を失った後にその原因を解決せずにその部分にインプラント治療をした人とでは、例え同じ部位への治療であったとしても、長期的には予後の差は歴然としていると思われます。前者の場合には根本的に歯をダメにする要因が最初から無かったのに対して、後者の場合にはその要因がクリアされていないまま、ダメになったところだけを見てその部分だけ何とかしようと治療したからです。

 

歯並びをよくする矯正治療は、決して見た目だけをよくする治療ではないのです。機能的にも対応できる口腔内環境を作ってやることで、歯や歯周組織、顎関節への負担を減らせる結果、それらの器官が長期的に守られるということになります。

また、予防としての口腔ケアプログラムとは、清潔な口腔ケアを保つための習慣化を本人に認識してもらうだけでなく、取り残されているバイオフィルムという細菌の被膜を、歯科医師やよく訓練された歯科衛生士さんの手で機械的に綺麗にしてもらう処置のことです。病名がつかないので、日本においては健康保険にそういた項目が無いのが現状な点が残念な所です。また矯正治療も、唇顎口蓋裂などの先天的な病気以外は、基本的には健康保険では治療できません。

 

(図1)総合治療

一つの例として症例(図1)をご紹介しましょう。


この方は、初診時、噛み合わせが見た目にも明らかに良くないのは分かりますが、その状態によって奥歯の咬合干渉が強く、しみてしょうがない歯があったために、当院へ来院される以前に、しみるという原因で歯の神経を取られて被せ物が奥歯に多数入っていた状態で来院された方でした。ご自身では歯磨きを良くしており口腔ケアにもずいぶん気を使っているのにどうして何度も歯を削る治療が必要なのか?本質的な原因を調べて欲しいという理由で総合治療を希望された方でした。

総合治療は、先にあげた3つの原因のどれがこの方の原因かを調べるとことから始まります。この方の口腔ケアや清掃状態には基本的に問題はありませんし歯周病でもありませんでしたので、3つ目の噛み合わせの状態の診断をしました。

咬合状態を知るためには、様々な方法で顎機能精密検査をします。骨格の上下のバランスや咬合する面の角度などを実際の模型やレントゲン写真から測るなど、かなり多角的に調べ上げます。そしてどうしてその不正咬合が成長発育の段階で起きたのかということまで考えたうえで、その不正咬合の要因を取り除くような方法で矯正治療を行います。次に必要に応じて以前の歪みのある状態のまま被せられていた機能的でないかぶせ物などの修正を含めた補綴治療を最後に施して安定した状態を作り上げました。

 

総合治療終了後(図2)総合治療2

結果的に、見た目は当然良くなりましたが、何よりも大切なことは、噛むたびに発生する咬合力が上下の歯にバランスよく伝わることが出来るようになったことから、各歯牙にかかる力が分散されて嚙み心地がとても軽くなってよかったと喜んで言われた点です。また、このような良い咬合状態は、寝ている時のブラキシズムなどの歯ぎしりが起きても、特定の部分に負担がかかりすぎないために、長期的な安定性が保たれやすい環境であるということです。現在でも10年以上経過していますが、基本的にはメンテナンスのみの定期的な来院をされているだけで済んでおり、他のトラブルはほぼ起きておりません。

最近では、矯正治療も、簡単な症例なら昔から行われてきた歯の表面にブラケットと呼ばれる装置をつけてワイヤーを通して歯を動かす方法だけではなく、透明なアライナー矯正などの方法もあるので、老若男女食事中や周りなど気にせずに人知れず矯正が出来る世の中になってきました。良い時代になったなと思います。

歯科治療は、その選択肢がとても多く、被せ物の素材が単に違うといった単純な問題だけで無い事が実はとても多いのです。


本当は本質的な総合治療が必要でも、保険治療だけの「そこだけ治療」で主訴がとりあえず目先収まったらもうそれで終わりといった例がとても多い現状を残念に思うことがあまりにも多い毎日です。

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.07.30更新

主訴のうち特に多いのが“歯が全体的にしみて仕方がないので何とかして欲しい”と言っていらっしゃる方です。虫歯の場合には表面的に黒く穴が開いていたりして一目で分かるのですが、一見何でもない歯がしみて仕方がないので何とかして欲しいと来られるわけです。病名としては業界用語で知覚過と呼んでいますが、実は非常に大きな問題点を抱えているのです!
 
原因は「歯ブラシを強く当て過ぎるからです」…と昔は言われてきましたがどうやらそれだけではないことが最近の研究で明らかになってきました。

 

歯は本来、上下の噛み合う面(咬合面)が点と点で接触して噛み合っていますが、この部分が磨り減ってくると面同士の接触になり歯1本1本への負担は相当なものになっていきます。それに加えて、奥歯などでは横からの異常な咬合力が加わることで、歯の付け根あたりにマイクロクラックと呼ばれる微小欠損が生じてそこから歯牙の擦り減りの原因が始まるというわけです。

 

WSD

 

 

顎がダイナミックに動く際、糸切り歯とよばれる犬歯は横からの力をしっかりと受け止められるように全ての歯牙の中で一番根の長さが長く出来ている歯なのですが、この歯がしっかりとガイドしてくれる場所に並んでいなかったり (2017.11.28院長コラム「犬歯の役割と重要性について」参照) 、擦り減り過ぎてきた場合に奥歯への知覚過敏が更に進行していくことも考えられるわけです。

 

つまり、テレビのCMのように対症療法的にしみる部分に薬やイオンのバリヤーを作っても根本的には原因に対処したことにはなっていないわけです。

 

ではどうしたら知覚過敏が治せるのでしょうか?

 

【噛みあわせを注意深く診査して、磨り減っているガイドとなる糸切り歯までを含めた前歯の状態の改善や面接触になってしまっている臼歯部の咬合面の新たな負担のかからない形態再生と言うことになります

 

場合によっては簡単な付け足しで済んでしまうこともありますし、場合によっては全体的に手直しをしなくてはならない場合まで様々です。

歯がしみるのは実は歯の噛み合わせが原因だったとはご自身で気づかれている方はそう多くはいらっしゃらないのではないでしょうか?また長年歯医者さんに通っていても強く当てないためのブラッシング指導やただしみている部分の治療だけで済まされてしまってませんでしたか?

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.07.23更新

「奥歯が噛むと痛いので診て欲しい」という主訴で来院された患者さんがいました。右の下の奥から2番目の歯には銀歯の被せ物がしてありました。その歯は以前虫歯の治療で神経が取られている歯で、神経を取った後に健康保険の銀歯を被せて治療が終了していた歯です。

レントゲンを撮ったところ、写真のような状態でした。

 

破折

  

レントゲン上では白い部分は一番密度の濃い部分を意味します。

ですので、当然銀歯は白く写っています。また、神経をとった後にその空洞の部分を埋める樹脂(ガッタパーチャといいます)も2本前方と後方に白く見えているのがお分かり頂けるでしょう。

手前の根っこの近心部分(向かって右側の根っこ)に黒い影が下まで広がっているのが観察されます(黄色で囲った部分)。歯の根の周りは通常歯槽骨でおおわれていますが、ヒビなどが起きた場合にそこから炎症が起こり、組織に変化が起き始めます。その結果、本来硬い状態だったところが肉芽組織などの柔らかい部分が登場してきます。

つまりこの歯はどうやら前の根っこの一部にヒビが入ってしまったということなのです。本来神経を取った歯に強化するために埋め込まれるべき土台も入っておらず、こうなってしまうと基本的には予後が悪く通常は抜歯となりますが、残されたもう一本の後ろ側の根っこの方は問題ないので半分だけ切断して抜歯することにしました。

 

破折2

 

ところが銀歯を外したところ残す予定だった歯の後ろの部分にも破折が広がっており(水色線)、総合的に検討した結果、残念ながらまるまる抜歯となりました。(赤線は近心根破折による歯肉の腫れ)

写真は抜かれた半分の根っこですが、やはり縦に根の先の方に向かってヒビが入っているのが確認されています。  

 

破折3

 

見た目で何でもないように見えても、実は根っこの中では色々な事が起きていることが多いのが現状です。

通常、噛むと痛いといった症状が歯にある場合神経の治療をして神経をとりますが、その後も何となく噛むと痛いといった症状が続いて症状が取れない場合などは、このヒビがどこかに入ってしまっている場合がかなりの率で存在するだろうと言われています。

 

噛むと痛い歯の場合、基本的な理由は次のどれかであることが多いようです。

① 噛み合わせが強く当たっている(咬合性外傷)
②  根のどこかにヒビがある(歯根破折)
③  歯周病で歯の周りの歯槽骨が減っていて歯の動揺がひどい(歯周病)

④ 根の先に炎症がある(根尖病巣)

 

臨床経験上①が原因で②または③と派生することが特に多いと感じます。

 

現代人は多くのストレスを夜間に、歯ぎしりなどをいろいろなパターンで繰り返しているといわれています。そのときに歯にかかってくる力は数十キロ以上になるといわれています。

 

そんな過酷な状況下で、ついに耐え兼ねてこのように歯が割れてしまうことは結構あります。

 

ですから、こういった夜間ブラキシズムに対してもスムーズに力を発散できるような無理のない自然な噛み合わせが唯一の予防処置になるものと考えています。

前回コラム「インプラントを入れる前に考えよう」でも書きましたが、この抜歯した部分にただインプラントを植えても上記で述べた噛み合わせの治療が施されてない場合インプラント部分にも遅かれ早かれ支障が出てくることと思います。

 

そのためには、本院長コラムでずっと言い続けている、「小臼歯抜歯をしない矯正治療」を含めた「全体のバランスを考えた治療」をすることが、10年後20年後の長いスパンで考えた時に結局ご自分の歯を守ることになると私は考えます。

 

 

 

 

投稿者: アクアデンタルクリニック

2018.07.06更新

インプラントを入れる前に…

 

先日、ある患者さんがインプラントを左下の奥歯(下顎第一大臼歯、第二大臼歯)に入れたいとの希望で来院されました。実際に当医院にインプラント相談でいらっしゃる患者さんでも一番多いのがこの写真のようなケースです。

 

欠損

 

確かにこの部位の顎骨の状態は問題はないようでした(下写真赤丸部分)。インプラントを今すぐにでも入れて欲しいとの事でしたが、他の部分も診察したところ反対側の右下の奥歯の噛み合わせが低く咬合支持もしっかりしておらず(下写真緑線部分)、前歯部はしっかりとした顎の動きをガイドしてくれる状ではありませんでした。つまり意識下でも無意識下でも奥歯に負担がかかる状態でした。

 

欠損2

 

患者さんとしてみれば今は痛くなく何でもない部分を治療する必要はないと思うかもしれませんが、実は既に喪失してしまった奥歯の喪失原因も実はそういった不調和な咬合のバランスが引き起こしていたからだという事が分かってきました。

 

要するに、欠損部分だけ見てインプラントに高い費用をかけても全体のバランスが調和していないとそう遠くない将来またその部分のトラブルに見舞われる可能性が高いと言うことです。またそこの部分に問題が起きなくても(そういう場合そこのインプラント部分には負担がかからないように噛み合わせを甘くしているケースが多い)、反対側に問題が生じることも結構あります。しかし患者さんとしては費用がかかった部分は問題が起きてないため、まさか噛み合わせのバランスの不調和が原因だとは思わずに今度はそちらの部分もインプラントをと、どんどん悪いスパイラルに嵌ってしまうようです。

 

そのようにして考えていくと、矯正治療を含めた全体的な治療をインプラントに取りかかる前にしなくてはならない人がかなりの数いることになりますが、現実的には治療費用の関係や見た目などから矯正治療から始められる方が半分以下なのは残念なことです。インプラント治療をされる方は特にこの点を気をつけていただき、長期的に予後の安定した状態を保てるようにして頂きたいものです。

投稿者: アクアデンタルクリニック

前へ 前へ